レディ

すのこベッドは衛生的な睡眠環境|寝苦しい夜はもう懲りごり

安全性を考慮

眠る子供

部屋において、ベッドはやはりスペースをとるものです。子どもが多いと2、3台とベッドが並ぶことになり子ども部屋が狭くなります。省スペース化を図るなら三段ベッドを活用すると良いでしょう。三段ベッドなら、子ども2人に大人1人でも、子供3人でも1台のシングルベッド分のスペースで事足ります。部屋を広く使うことができるので、三段ベッドで大幅な省スペース化ができるでしょう。三段ベッドを選ぶときの注意は、やはり丈夫さです。長く使え、成長後の体重もしっかり支えられるものでなければ、睡眠中に上から崩れてつぶされてしまう恐れも考えられます。つなぎ目や、脚がしっかりしたデザインのものを選ぶようにしましょう。三段ベッドの場合は3人分の体重を支えることができる、しっかりした脚を持ったものを選びましょう。特に日本は地震が多いので、耐震性にはしっかり注意して選びましょう。地震で金具が折れてしまえば、上の段から下の段に落ちる恐れもありますし、横にスライドしてしまい寝ながら地面にたたき落とされる恐れもあります。二段目と三段目は耐震金具で繋がれているベッドを利用すると良いでしょう。デザインとしては、角などを削ってあり、ぶつかったときのケガやダメージを最小限に抑えられるものになっているものを選びます。子どもの遊び方は予想外です。飛んだり跳ねたりすることもあるので、ケガの心配が少ないデザインで探すと良いでしょう。寝相で転落する恐れもあるので策付きのベッドがオススメです。